赤ちゃんの水分が多いのはなぜ?

成人の体内の水分量は、約60%と言われています。
人によりその量は様々ですが成人男性で60%ほど、女性は55%と言われています。
女性より男性の方が、やや水分量が多いようですね。
そして、痩せているか太っているかでも水分量は変わってきます。
成人男性で普通体系から痩せている人は60%の水分量がありますが、太っている人は 水分量が40%とも言われています。
水分が必要な人体からすると、少し気になる数字ですね。
水分が少ないから血液がドロドロになりやすいということもこのことから分かりますね。
では、赤ちゃんはどれだけの水分量があるのでしょうか。
産まれたばかりの新生児は、母親の胎内の中の羊水、つまり水の中に浮いた状態で 成長してきました。
その水中から、誕生してくるのですが、なんと水分量は産まれたばかりの新生児は 80%もあるそうです。
大人と比べてもかなり高めですね。
これは、赤ちゃんの成長の早さを見てみればわかるのですが、赤ちゃんはたった1週間 見ないだけで「あれ?ちょっと大きくなってない?」と思えるほど成長スピードが 早いのです。
そんな赤ちゃん時代は成長期であり、とても盛んな生理活動が行なわれますので水分が 大量に必要になるのです。
しかし、この水分が多いことは弱点でもあります。
赤ちゃんは水分量が多いことで抵抗力が低くなっています。
特に、薬物は水に溶けやすいので、有害な物質が体内に入ってしまった場合はとても 症状が重くなってしまいます。
それに比べて大人は水分量が少ないですので、影響しにくいのです。
新生児の間は抵抗力を犠牲にしてでも成長を優先させているのでしょうか。
草食動物の赤ちゃんは、敵に襲われるのを防ぐために産まれて数分で立ち上がると 言いますから、人間の赤ちゃんも抵抗力の弱い赤ちゃんの時代を短くするために、 とにかく成長することに専念しているのかもしれませんね。
これも、一種の防衛本能なのでしょうか。
「水」というものは、とても神秘的なものですね。
母親の胎内の羊水に浮かんだ状態で、いわゆる水中で成長している赤ちゃんが この世界に出てきて肺で呼吸するのですから、本当にすごいことです。
「水」が必要なのは人間だけではありません。
動物も植物も水がなければ生きていくことができません。
そんな大切な水を、私たちも大切に使いたいですね。
そして、体にいい水、いわゆる「ミネラルウォーター」と呼ばれるものですが、 人体の体液と同じミネラル成分を持つミネラルウォーターで、上手に水分補給を しましょう。