体質改善に水がいい?

今、巷では体質完全のための漢方や健康食品がとても多く見られます。
それだけ健康志向の方が増えている証拠ですね。
それはとてもいいことなのですか、あまりにいろいろ試しすぎて、何がいいのか 分からなくなっている方はいませんか? そんな時は原点に戻ってみてはいかがでしょう。
「原点?」と思われた方もいらっしゃると思いますが、原点とは人体の原点です。
人類は古代の海水の中で生まれました。
人体は地球と同じ60〜70%が水(水分)でできています。
そして、海水と同じ成分のミネラルが人体の水分(体液)に多く存在します。
すなわち、原点とは「水」だと思うのです。
良質の水を摂取することで人体の体質改善につながるのではないでしょうか。
化学的にもそれは実証されていて、「海洋深層水」や「ミネラルウォーター」には 人体に必要なミネラル、海水と同じミネラル成分が豊富に含まれています。
その「水」を飲むことで、まず老化を防ぐことができます。
人体は赤ちゃんのとき、80%の水分量で産まれてきます。
そして成人になるとその 水分量は60%ほどに減少します。
老人になると、50%以下になるとも言われています。
水分が少なくなると、新陳代謝が衰えるので体内で作られる水の量が減っていきます。
細胞内の水分にはカリウムイオンという成分が含まれており、老化に伴い細胞内の 水が減るとカリウムが失われて細胞の生命力がなくなっていくのです。
これが老化につながります。
ここでカリウムやナトリウムなどのミネラルを豊富に含む良質の水を摂取している人は 年齢に比べて老化が遅くなるのです。
そして、水は便秘の解消にもいいので、便秘が解消されると腸内が活発に動き 新陳代謝もあがりますので、健康でダイエットにもいいとされています。
さらに体内だけではなく、水は美容にもとてもいいのです。
赤ちゃんや子供の頃のスベスベしたみずみずしい肌は年齢と共に失われていきますよね。
シワは細胞内の水分が減って皮下組織が縮んでしまうことが原因です。
吹き出物も新陳代謝がうまくできていない証拠です。
何より、血流が乱れることが肌の天敵なのです。
皮膚の素材を作っているのは赤血球が大半ですから、キレイな血液こそキレイな肌を 作っているのです。
血液の90%は水分ですから、この水分を良質のものにしなくては体内も肌も 健康な状態にはなりません。
体質改善をするためにいろんなものを試してみるのもいいとは思いますが、根本的な ところが変わらないと体質は変わらないのではないでしょうか。
人間を作っている細胞の中の水分を良質な水にすることで体質改善につながる のではないでしょうか。