地球の水

皆さん、地球上の水が無限にあると思っていませんか? その理由として海水があると思いますが、海水は地球上の水分の97%を占めています。
そのため、人間は「その海水を利用すればいいんじゃないの?」と思いがちですが、 海水は飲み水にも、私たちが生活するための水にもなりません。
いわば、地球上の水はほとんどが使えない水なのです。
残りの3%は私たちが使える水と思っていると大間違いで、この3%の水は、動物も 飲みますし、地下深くに潜む伏流水も含みます。
南極や北極の雪や氷も含んでの3%ですので、実際私たちが使える水というのは 地球上の水の0.0001%しかないのです。
わたしたち人類60億人はこの、たった0.0001%の水に頼って生きている ということになります。
宇宙から見る地球は「青い」とよく言われますが、ほとんどが使えない「青」色なのです。
ちなみに、地球上の使える水を一点に集めて球体にすると直径1400kmしかない そうですよ。
日本の全長がほぼ3000kmですから、どれだけ使える水が少ないか、少し理解できた のではないでしょうか。
直径が日本の全長の半分程度しかないのです。
これを動物や植物、そして私たち人間が分け合って生活しているのですから、 実際私たちが使える水はもっと少ないということになりますね。
地球の資源には限りがあります。
それは水に限らず燃料となる石油や木材も同じです。
わたしたちはもっと資源を大切にしないとこの先本当に資源がなくなる日が来てしまう のではないでしょうか。
今、地球の話をしましたが、人体も地球と同じような比率で水分が存在します。
人体の水分量(体液)は60%前後だと言われています。
(これは大人の水分量です) そして、地球上の海水の成分と同じような成分でできています。
いわゆるミネラル成分というものです。
ナトリウム、マグネシウム、カリウム、カルシウムなどになりますが、 地球の水分量が一定なのと同じように人間も水分量が不足してくると脱水症状という 症状で現れます。
その脱水症状の前にくるのが、喉の渇きです。
ただ、なんでもいいから水分をとればいいのではありません。
地球の水も汚れた水ばかりでは、私たちは飲める水がなくなってしまいます。
それと同じく私たち人体にも良質の水を補給する必要があります。
それが人体の体液の成分と同じミネラル成分を含む水です。
いわゆるミネラルウォーターと言われるものですね。
人体も、良質の水を補給しなければ生命維持のための機能が働かなくなってしまいます。
水分だからと、コーヒーやジュースをたくさん飲む方もおられますが、 これらは糖分が多すぎたりカフェインを含むものですので体に良いとは言えません。
まずは、1日1リットルの良質の水、ミネラルウォーターを飲むように心がけましょう。